悪性高熱症(malignant hyperthermia)

骨格筋筋小胞体発現する1型リアノジン受容体電位依存性カルシウムチャネル変異によるカルシウム代謝異常。ハロタンスキサメトニウムを使用した全身麻酔の際に稀に発症することが知られていた。*1

常染色体優性遺伝疾患の潜在的疾患で、揮発性吸入麻酔薬脱分極筋弛緩薬?などによって誘発される。*2

*1イオンチャネルとチャネル病 齊田孝市 帝京短期大学ライフケア学科: http://www.teikyo-jc.ac.jp/app/wp-content/uploads/2018/08/journal2014_149-152.pdf
*2広島大学 麻酔蘇生学 悪性高熱症: https://home.hiroshima-u.ac.jp/anesth/mh/

悪性高熱症に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-05-04 (土) 16:28:07