感覚器(sense organs)

外界からの刺激(感覚)を受け取る器官感覚器官感覚受容器受容器とも。*1

感覚器で受け取った刺激は主に中枢神経に伝わるが、脊髄脳幹を介した反射に関与し知覚されない場合もあり、必ずしも大脳皮質感覚野感覚を生じさせるとは限らない。

感覚器は外界、または身体内部からの刺激で起こる身体の変化を感じて、中枢神経に伝えるための装置で、知覚神経の末端と連結している。通常感覚器といえば、視覚器聴覚器?嗅覚器?および味覚器があり、さらにいわゆる皮膚知覚?触圧覚?温度覚?痛覚など)を受けとるものとして皮膚があり、これを総括して、皮膚および感覚系?と呼ぶことが多い。*2

*1関西理学療法 感覚障害に対する運動療法の考え方: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jkpt/14/0/14_33/_article/-char/ja/
*2慶應義塾大学医学部解剖学 船戸和弥 解剖学テキスト(第四篇 感覚器): http://www.anatomy.med.keio.ac.jp/funatoka/anatomy/Textbook/anatomy-4.html

感覚器に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


このページの最終更新日時: 2018-08-25 (土) 07:12:51