慢性脳循環不全症(chronic cerebral circulatory insufficiency)

の循環障害が原因と考えられる様々な自覚症状があるが、診断では確認されないもの。以前は脳動脈硬化症と呼ばれた。

患者は主に60歳以上であり、眼底動脈動脈硬化性変化が認められ、高血圧を伴う場合が多い。

慢性脳循環不全症はの循環障害によると考えられる,頭重感,めまいなどの自覚症状が動揺性に出没するが,血管性の器質的病変を示唆する所見が臨床症候上でも,画像診断上でも認められず,かつ一過性脳虚血発作の範疇に属さないものと定義される.*1

*1A STUDY OF CEREBRAL CIRCULATION, METABOLISM AND MRI FINDINGS IN PATIENTS WITH CHRONIC CEREBRAL CIRCULATORY INSUFFICIENCY: https://www.jstage.jst.go.jp/article/kmj1951/45/6/45_6_489/_article

慢性脳循環不全症に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-09-16 (月) 09:48:54