健康用語WEB事典

慢性腰痛(chronic back pain)

痛みが長期間(6ヶ月以上)続く腰痛

慢性腰痛の原因*1

不良姿勢や疲労蓄積、運動不足や肥満も原因となる。*2

腰痛には不良姿勢が関係し、腰痛の前弯の増強、骨盤傾斜の増大などがその原因としてあげられている.また、腹筋臀筋?などの筋力低下に伴う腰椎の不安定性の増大なども腰痛の発生に関与している.*3

多裂筋の萎縮や脊柱起立筋の慢性的な疲労の蓄積が慢性腰痛の原因となることが示唆されている。*4

慢性腰痛患者 78 名の腰部多裂筋MRI にて測定し,腰部多裂筋の萎縮の程度と腰痛の有無との関係性を見た Kader らの研究によれば,慢性腰痛患者の 80%に腰部多裂筋の萎縮があると指摘されている。このように,腰痛との関連性からも腰部多裂筋を検討することは有意義であると考えられる。*5

*1腰痛症|慶應義塾大学病院 KOMPAS: http://kompas.hosp.keio.ac.jp/contents/000033.html
*2慢性腰痛 - 滋賀医科大学: https://www.shiga-med.ac.jp/hospital/doc/magazines/files/vol_58.pdf
*3平成26年度 国際医療福祉大学審査学位論文(博士) 大学院医療福祉学研究科博士課程 若年者における慢性腰痛症に関する研究 : 多裂筋横断面積比率を用いた評価とその応用: https://iuhw.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=692&item_no=1&page_id=13&block_id=17
*4慢性腰痛症患者における多裂筋と脊柱起立筋の筋活動量と収縮反応時間: https://www.jstage.jst.go.jp/article/cjpt/2012/0/2012_48100201/_article/-char/ja/
*5健常若年男性における腰部多裂筋横断面積の腰椎各レベルでの左右差 遠藤佳章 久保晃 木村和樹 三浦寛貴: https://www.jstage.jst.go.jp/article/rigaku/advpub/0/advpub_11151/_pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


慢性腰痛に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:09:39