慢性萎縮性胃炎(chronic atrophic gastritis)

粘膜襞の減少や消失と粘膜の皮薄化が起こる胃炎の疾患の中でも頻度が高いとされる。*1

自己抗体が検出されるA型(自己免疫化生性萎縮性胃炎)とピロリ菌感染が関与するB型に分けられる。*2

*1萎縮性胃炎のアレルギー説に関する検討 : 特に補体の関与について: https://www.jstage.jst.go.jp/article/arerugi/20/2/20_KJ00001613764/_article/-char/ja/
*2自己免疫性血液疾患:診断と治療の進歩 悪性貧血 廣川誠: https://www.jstage.jst.go.jp/article/naika/103/7/103_1609/_pdf

慢性萎縮性胃炎に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-02-06 (水) 20:41:04