健康用語WEB事典

成長円錐(growth cone)

神経細胞が成長して伸びる軸索部分の先端。神経細胞の中で形が大きく変わる部分。

成長円錐に局在するタンパク質であるドレブリンEは、アクチンミオシン相互作用を抑制する働きを持つ。*1

タグ: 神経 軸索 神経細胞 タンパク質

*1共同発表:胎児の神経を形作る仕組みは精密な温度センサー~母体の体温維持が神経の成熟に重要であることを示唆~: https://www.jst.go.jp/pr/announce/20211109/index.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


成長円錐に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2021-11-10 (水) 21:54:47