健康用語WEB事典

抑制性ニューロン(inhibitory neuron)

抑制性シナプスを形成するシナプス前細胞γ-アミノ酪酸GABA)またはグリシン作動性の神経細胞抑制性神経細胞とも。*1

興奮を抑制し、伝播を遮断する役割を持つ。大脳記憶を司る海馬では抑制性ニューロンは十種類以上存在することが知られている。*2

大脳皮質神経細胞の約20%を占める。大脳基底核神経幹細胞から発生する。*3

*1興奮性シナプス - 脳科学辞典: https://bsd.neuroinf.jp/wiki/%E8%88%88%E5%A5%AE%E6%80%A7%E3%82%B7%E3%83%8A%E3%83%97%E3%82%B9#cite_note-1
*2新潟大学 《コンドロイチンが大脳の柔軟性を制御する》 脳内コンドロイチンによる神経回路の成長促進: https://www.niigata-u.ac.jp/wp-content/uploads/2017/10/291003.pdf
*3巨大分泌タンパク質リーリンによる神経細胞移動の制御機構 河野孝夫 服部光治: https://seikagaku.jbsoc.or.jp/10.14952/SEIKAGAKU.2016.880105/data/index.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


抑制性ニューロンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-10-07 (水) 17:06:38