抗がん剤(anti-cancer drugs)

がんに対する化学療法として使用される医薬品がん細胞DNA複製や細胞分裂を抑制する。

基本的には、手術放射線による治療が適用できないがんに対して使用される。

白血病などの血液がんでは高い効果を発揮するが、使用量が増えると骨髄での造血機能も障害を受ける。*1

現在は、がん細胞のみを攻撃する副作用が少ない分子標的薬などに移行している。*2

*1技術評論社 桂義元 免疫はがんに何をしているのか? 見えてきた免疫のメカニズム 2016/12/25
*2中央公論新社 中川恵一 知れば怖くない 本当のがんの話 (2017/1/15)

抗がん剤に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:09:42