健康用語WEB事典

抗原結合部位(antigen binding site)

抗体が持っている、抗原エピトープに結合する部位。Fab領域とも呼ばれる。エピトープと強く結合するほど「親和性が高い」と表現される。IgGにおいては、H鎖L鎖が持つV領域を指し、1分子IgGに2箇所存在する。

抗原結合部位の型はイディオタイプと呼ばれる。

同じ免疫グロブリンサブクラスに属する抗体分子であっても、抗原特異性が異なればそれぞれの抗体の抗原結合部位の「形」は異なるはずである。それぞれの抗体分子に特有の抗原結合部位の型をイディオタイプ(idiotype)という。*1

Fab領域には相補性決定領域CDR)が存在する。*2

*1オーム社 絵とき 免疫学の知識 垣内史堂
*2東京大学大学院 新領域創成科学研究科 メディカルゲノム専攻 生命分子解析学分野 伊藤剛彦 サブクラスチェンジによる抗体物性の変化: http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/dspace/bitstream/2261/57602/1/A30002.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


抗原結合部位に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:09:43