抗菌薬関連下痢症(antibiotic-associated diarrhea : AAD)

抗菌薬の投与によって腸内細菌が変化することで引き起こされる下痢の総称。

原因となる抗菌薬の種類はセフェム系抗菌薬?(第3世代、第4世代)やリンコマイシン系抗菌薬?クリンダマイシン?アンピシリンなどが示唆されている。原因となる細菌黄色ブドウ球菌クロストリジウム・ディフィシルなど。*1*2

*1日本環境感染学会誌 薬剤別にみた抗菌薬関連下痢症の発症リスク: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsei/23/3/23_3_175/_article/-char/ja/
*2厚生労働省 重篤副作用疾患別対応マニュアル 偽膜性大腸炎: http://www.mhlw.go.jp/topics/2006/11/dl/tp1122-1g05.pdf

抗菌薬関連下痢症に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-04-03 (火) 16:51:27