健康用語WEB事典

新生経路(de novo pathway)

新たなヌクレオチドを合成する経路。デノボ経路de novo経路)とも。*1

プリンヌクレオチドの場合、ペントースリン酸経路で合成されたリボース-5-リン酸から5-ホスホリボシルピロリン酸が生成され、それにアミノ酸であるアスパラギン酸グルタミングリシンを利用してプリン骨格を持つイノシン一リン酸が合成され、最終的にATPGTPが合成される。

ピリミジンヌクレオチドの場合、アスパラギン酸グルタミン酸を元にCTPdTTPが合成される。*2

*1植物糖鎖研究室 | 埼玉大学理学部分子生物学科・大学院理工学研究科 | 下層ページ名: http://park.saitama-u.ac.jp/~seitaibusshitsu/research.html
*2秀和システム 生化学若い研究者の会 これだけ!生化学

ご意見・ご要望をお聞かせください。


新生経路に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-08-03 (月) 14:35:32