健康用語WEB事典

新鮮凍結血漿(fresh frozen plasma : FFP)

主に血液凝固因子の補充を目的とした血液製剤血漿成分に血液保存液を加えたもので、含有成分は正常血漿に比べて約10〜15%薄まっている。*1*2

指針によれば、FFPの投与は「凝固因子の欠乏による病態の改善を目的に行い、出血の予防や止血の促進をもたらすこと」とされている。しかし現代では多くの先天性凝固因子欠乏症においては濃縮因子製剤が利用可能であり、FFPの投与は後天的な出血傾向に限定される。*3

*1日本大学板橋病院輸血室 新鮮凍結血漿の適正使用基準: http://www.med.nihon-u.ac.jp/department/yuketsu/tekiffp.htm
*2日本輸血・細胞治療学会 新鮮凍結血漿: http://www.hosp.u-toyama.ac.jp/blood/newhomepage/study/study2/study2.html
*3名古屋大学医学部附属病院 松下正 科学的根拠に基づいた新鮮凍結血漿(FFP)の使用ガイドライン: https://home.hiroshima-u.ac.jp/yuketsu/pdf/law10.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


新鮮凍結血漿に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2019-09-08 (日) 11:32:38