健康用語WEB事典

日本脳炎(Japanese encephalitis)

日本脳炎ウイルス感染によって引き起こされる脳炎日本脳炎ウイルス感染したヒトの1%未満が日本脳炎を発症するとされる。*1

症状は発熱頭痛めまい嘔吐など。小児の場合、腹痛下痢が認められることが多く、その後意識障害痙攣が現れる。死亡率は20~30%と高く、特に小児に多い。30~50%に後遺症が残存する。*2

国内では1954年からワクチンが使用されており、予防が可能。

*1ヒトにおける主な人畜共通感染症の発生状況 日本脳炎 鹿児島大学 岡本嘉六 日本脳炎の世界的発生率の推定:系統的吟味: http://www.vet.kagoshima-u.ac.jp/kadai/V-PUB/okamaoto/vetpub/Dr_Okamoto/Zoonoses/Zoonoses%20in%20Humans/Japanese%20encephalitis.htm
*2大分大学医学部感染予防医学講座 蚊媒介性ウイルス疾患: http://www.med.oita-u.ac.jp/idc/Research/2017/res_2017_1.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


日本脳炎に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2019-12-14 (土) 10:29:00