健康用語WEB事典

晩発性皮膚ポルフィリン症(porphyria cutanea tarda)

ウロポルフィリノーゲンデカルボキシラーゼの活性低下に起因し、日光暴露部の色素沈着水疱が主体となる肝性ポルフィリン症。中年以降に発症する。*1

尿中にウロポルフィリノーゲンⅠが増加し、糞便中にはイソコプロポルフィリノーゲン?が増加する。

による障害によって後天的に起こるものと、常染色体優性遺伝疾患として発症するものがある。

*1秋田大学大学院医学系研究科 細胞生理学講座 肝性ポルフィリン症: http://www.med.akita-u.ac.jp/~seiri1/Japanese/okamoto/med/porphyria_liver.htm

ご意見・ご要望をお聞かせください。


晩発性皮膚ポルフィリン症に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-10-02 (金) 10:33:49