暁現象(dawn phenomenon)

一型糖尿病患者が夜間の低血糖を伴わなくとも、空腹時の血糖値が上昇する現象。1981年にマリア・シュミット(Maria Schmidt)が提唱した。*1

早朝に分泌が増加するインスリン拮抗ホルモン(特に成長ホルモン)による血糖上昇をインスリンが十分に抑えられないことが原因と考えられている。

*1埼玉医科大学内分泌 糖尿病内科 粟田卓也 持効型溶解インスリン製剤の誕生: http://www.saitama-med.ac.jp/uinfo/mnaika4/pdf/ditn2012-11.pdf

暁現象に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-08-21 (火) 18:35:14