健康用語WEB事典

月経前症候群(premenstrual syndrome : PMS)

月経開始の1~2週間前から起こり、月経開始とともに消失する一連の症状。下腹部痛み頭痛便秘、興奮、不安症、気分変動などが起こる。*1

黄体期の後半に卵胞ホルモン黄体ホルモンが急激に低下し、内のホルモン神経伝達物質の異常を引き起こすことが原因と考えられている。*2

治療は排卵を抑制する医薬品の服用によるホルモンの急激な変化を防ぐ薬物療法ビタミンB6月経前症候群を軽減するとされる。*3

*1西東社 カラー図解 栄養学の基本がわかる事典 川島由起子(2013/4/4): https://amzn.to/2tzGwYt
*2月経前症候群(premenstrual syndrome : PMS)|公益社団法人 日本産科婦人科学会: http://www.jsog.or.jp/modules/diseases/index.php?content_id=13
*3西東社 カラー図解 栄養学の基本がわかる事典 川島由起子(2013/4/4): https://amzn.to/2tzGwYt

ご意見・ご要望をお聞かせください。


月経前症候群に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2019-03-03 (日) 11:01:47