有機化合物(organic compound)

炭素を基本骨格とする化合物の総称。

かつては生物が生み出す物質と考えられていたが、1828年にフリードリヒ・ウェーラー(Friedrich Wöhler)によって、無機化合物であるシアン酸アンモニウムから有機化合物である尿素を人工的に合成可能なことが証明された。*1*2

以下の物質は炭素を含むが、例外的に無機化合物に分類される。*3

*1顔 東工大の研究者たち Vol.19 鈴木啓介 | 研究ストーリー | 研究 | 東京工業大学: http://www.titech.ac.jp/research/stories/faces19_suzuki.html
*2福井大学大学院工学研究科生物応用化学専攻生物応用化学講座 分子機能化学研究室 前田史郎 くらしの化学: http://acbio2.acbio.u-fukui.ac.jp/phychem/maeda/kougi/CHEM1.pdf
*3広島大学 地球資源論研究室 有機化合物: http://home.hiroshima-u.ac.jp/mfukuok/er/ES_YK.html

有機化合物に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-02-01 (木) 15:59:04