有痛性感覚脱失症(anesthesia dolorosa)

痺れがあり、触られても感覚がないにも関わらず、その部分に痛みが起こる症状。半月神経節のブロックによって生じることが報告されている。*1

三叉神経痛の求心性伝達経路が障害を受けることにより,それより中枢の三叉神経脊髄核神経細胞脱神経性過敏?の状態となって起こる求心路遮断性疼痛といわれている.いったんADを生じると,薬物療法,星状神経節ブロックなどを行っても決定的なものはなく,治療に非常に難渋する.*2

脊髄刺激療法が有効である可能性が示唆されている。

*1痛みと鎮痛の基礎知識 - Pain Relief: http://www.shiga-med.ac.jp/~koyama/analgesia/react-pathopain.html
*2Relief of Trigeminal Anesthesia Dolorosa with Cervical Cord Stimulation: A Case Report: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjspc1994/9/4/9_4_438/_article

有痛性感覚脱失症に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-02-11 (月) 10:51:30