健康用語WEB事典

柿胃石(diospyrobezoar)

の成分によって形成される植物胃石。国内では胃石の原因として最も多い。

に多く含まれるタンニン酸などのポリフェノール類は、タンパク質と結合体を形成して消化されにくくなる。これを核として他の食物が集まって胃石が形成される。*1

*1炭酸水による溶解療法が有効であった柿胃石の2例 水重知子 和唐正樹 稲葉知己 水川翔 高嶋志保 泉川孝一 石川茂直 田岡伸朗 三好正嗣 河合公三: https://www.jstage.jst.go.jp/article/gee/56/9/56_3340/_article/-char/ja/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


柿胃石に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2019-12-19 (木) 18:35:17