核局在化シグナル(nuclear localization signal : NLS)

タンパク質細胞核内に輸送されるために必要なアミノ酸配列。

核局在化シグナルを有するタンパク質は、インポーチンの複合体などの核内輸送担体?に認識され細胞核内へ移行する。*1

熱ショックタンパク質HSP70は核局在化シグナルに特異的に結合し、核タンパク質細胞核への移行に重要とされる。*2

*1愛知学院大学 ヒト先天性永久歯欠損症に関連する MSX1 の核局在についての分子生物学的解析 柴田章夫: https://www.agu.ac.jp/pdf/graduate/thesis/dentistry/675-3.pdf
*2KAKEN — 研究課題をさがす | 核局在化シグナル結合タンパク質の解析とそれに基づく核タンパク質輸送機構の解明 (KAKENHI-PROJECT-04833018): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-04833018/

核局在化シグナルに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-09-14 (金) 10:09:20