核膜孔(nuclear pore)

核膜に存在する、細胞質細胞核を繋いで物質輸送や情報伝達を行うための構造体。

核膜孔複合体と呼ばれる八方対称構造をとる。脊椎動物では直径約120nm。*1

核膜孔の配置は細胞の種類ごとに大きく異なる。

*1細胞周期における核膜孔のダイナミクス 前島一博 今本尚子(独立行政法人理化学研究所 中央研究所 今本細胞核機能研究室): http://www.jbsoc.or.jp/seika/wp-content/uploads/2013/11/80-02-07.pdf

核膜孔に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


このページの最終更新日時: 2018-03-09 (金) 19:41:00