植物性乳酸菌(plant lactobacillus)

穀物や野菜などの植物に生息する乳酸菌。低養分、高塩分、強などの過酷な環境に強い。*1

免疫活性作用や発がん物質の排出・分解、便秘下痢の解消、病原菌感染の予防などの効果が報告されている。*2

ミルクを栄養源とする動物性のそれに対して、穀物や野菜など植物に生息する乳酸菌は、過酷な環境にも耐える特質がある。整腸作用やコレステロール低下など、人の健康に寄与する様々な機能が注目され、以降、各企業が植物性乳酸菌を利用して開発した健康飲料などは10種にも及ぶ。*3

*1東京農業大学 植物性乳酸菌 岡田教授: http://www.nodai.ac.jp/teacher/okada/index.html
*2鈴鹿医療科学大学 植物性乳酸菌による生理活性作用: http://www.suzuka-u.ac.jp/information/bulletin/pdf/07-hasega2.pdf
*3世界一、七千の菌株保存 植物性乳酸菌に熱い視線 東京農大応用生物科学部 教授 岡田早苗: http://www.nodai.ac.jp/teacher/okada/journal.html

植物性乳酸菌に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-02-05 (月) 08:22:20