健康用語WEB事典

横行小管(transverse tubule)

筋線維の興奮(細胞膜表面の活動電位)を筋小胞体に伝える器官。内部で筋小胞体終末槽?に接する。T管とも呼ばれる。*1*2

筋肉の収縮は、横行小管に生じた電気的変化によって電位依存性カルシウムチャネルが開き、カルシウムイオン筋小胞体から放出されることで起こる。*3

*1東邦大学 医学部 基礎統合コース 運動器系13,14-運動生理1,2: http://www.lab2.toho-u.ac.jp/med/physi1/motor/motor13,14/motor13,14.html
*2国立大学法人 岡山大学 骨格筋収縮: http://kymx.adm.okayama-u.ac.jp/hp/kk/shiryou/6-1%E7%94%9F%E7%89%A9%E5%AD%A6%E3%83%AC%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%A1.pdf
*3国立大学法人 東京医科歯科大学 教養部 生物学分野 神経による筋収縮の指令(伝達): http://www.tmd.ac.jp/artsci/biol/pdf2/transmitter.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


横行小管に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:09:56