健康用語WEB事典

機械受容器(mechanoreceptor)

皮膚の感覚の伝達に関する受容器神経線維の末端が特殊な形をしている。*1

機械受容器の種類

以下の種類が存在し、存在箇所や反応する刺激の種類が異なる。*2

受容体の名称反応する主な刺激反応速度刺激の検出可能範囲
パチニ小体高周波の振動非常に早い(FA)大きい(Ⅱ)
マイスナー小体低周波の振動遅い(SA)小さい(Ⅰ)
メルケル細胞持続的な圧力早い(FA)小さい(Ⅰ)
ルフィニ終末遅い(SA)大きい(Ⅱ)
TRPV高い温度--
TRPA1TRPM8など低い温度--
皮膚に存在する機械受容器

出典: 「触る」ということ -ヒトとロボットの触覚- 慶應義塾大学理工学部機械工学科 白土寛和 前野隆司

*1触覚的テクスチャの材質感次元構成に関する研究動向: http://www.mech.nagoya-u.ac.jp/asi/ja/member/shogo_okamoto/papers/naganoVRSJ2011.pdf
*2「触る」ということ -ヒトとロボットの触覚- 慶應義塾大学理工学部機械工学科 白土寛和 前野隆司: http://lab.sdm.keio.ac.jp/maenolab/previoushp/Maeno/hyoumen2003.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


機械受容器に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: filemechanoreceptor.png 閲覧数 1148回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2018-08-25 (土) 09:19:58