健康用語WEB事典

機能獲得型変異(gain of function mutation)

それによって遺伝子が新たな機能を獲得する突然変異。例えば、がん原遺伝子に生じることでがん遺伝子として機能するようになる突然変異*1*2

*1京都工芸繊維大学 “ヒト化ショウジョウバエ”の作出進む 非コード領域の変異の高感度アッセイ法の開発が課題: http://www.dgrc.kit.ac.jp/news/pdf/Iden_05_484-491.pdf
*2松田達志(関西医科大学附属生命医学研究所、生体情報部門): http://www3.kmu.ac.jp/bioinfo/H20test.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


機能獲得型変異に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]




このページの最終更新日時: 2019-10-07 (月) 14:32:46