健康用語WEB事典

機能的残気量(functional residual capacity : FRC)

を吐ききった後にに残っている空気の量。実測が困難なため、間接的に算出する。

空気を全て吐き出しても、実ははぺしゃんこになっているのではなく、空気が残っておりの形を保持しています。この吐ききっても残っている空気を残気といいます。本当はこの残気の量(残気量)を測定したいのですが測定困難なため、ヘリウムというガスを使用して計算により機能的残気量として測定を行います。*1

健常人では機能的残気量は約2400ml(全肺気量の約40%)とされる。*2

座位や立位から臥位になると、横隔膜が4cmほど挙上するため機能的残気量は15〜20%減少するとされる。*3

*1岡山大学病院 検査部/輸血部 フローボリューム曲線;Flow Volume Curve: https://www.okayama-u.ac.jp/user/hos/kensa/seiri/pulmo/frc.html
*2東邦大学 医学部 基礎統合コース(2年次)呼吸器系9-呼吸生理2: http://www.lab2.toho-u.ac.jp/med/physi1/respi/respi9/respi9.html
*3体位と呼吸管理 兵庫医科大学病院看護部 宇都宮明美: http://square.umin.ac.jp/jrcm/pdf/27-1/kikanshi27_1_pdf03.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


機能的残気量に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-08-21 (金) 16:04:11