健康用語WEB事典

歯髄細胞(pulp cell)

歯髄を構成する細胞。高い石灰化能を有する。骨芽細胞脂肪細胞軟骨細胞筋細胞筋芽細胞など様々な細胞分化する能力を持ち、かつ乳歯や抜去した智歯から簡単に採取できるため、再生医療の材料として有望視されている。*1

歯髄細胞には、神経細胞象牙芽細胞への分化能を有する神経堤由来間葉細胞と、骨芽細胞軟骨細胞及び筋芽細胞への分化能を有する中胚葉由来間葉細胞の二種類が存在する。*2

TNF-αによる刺激によって分化が促進され、このとき間葉系幹細胞バイオマーカーであるSSEA4?発現が上昇することが報告されている。*3

*1松本歯科大学リポジトリ: https://mdu.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=2491&item_no=1&page_id=13&block_id=17
*2ヒト歯髄細胞の分子生物学的解析 徳田吉彦 松本歯科大学 大学院歯学独立研究科 硬組織疾患制御再建学講座(主指導教員 : 山田一尋 教授): https://mdu.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=2491&item_no=1&page_id=13&block_id=17
*3炎症性サイトカインの一つであるTNF-αが歯髄細胞の未分化性獲得と維持を誘導 - 国立大学法人 岡山大学: http://www.okayama-u.ac.jp/tp/release/release_id163.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


歯髄細胞に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2019-04-13 (土) 13:13:47