母乳(milk)

哺乳類の母が分泌する乳幼児の栄養源。乳汁とも。牛の母乳を特に牛乳と呼ぶ。

母乳の分泌にはプロラクチンオキシトシンなどが関わる。含まれる代表的なタンパク質は、多い順にカゼインラクトアルブミンラクトフェリン。また、分泌型IgAを含む。*1

ヒトの母乳にはDHAリノール酸オレイン酸などの脂肪酸が含まれるが、これらはUGT1A1を阻害するため、UGT1A1の働きが弱い新生児母乳性黄疸の原因となることが報告されている。低級脂肪酸をほとんど含まず、牛乳よりもリノール酸を多く含む。*2

分娩後数日間に分泌される母乳は初乳、それ以降に分泌される母乳は成乳と呼ばれ、成分が異なる。また、食事の質や量、分泌量、季節、人種などによっても成分に差が現れる。一般に出産後の日数ととも脂質糖質は増加し、逆にタンパク質と無機ミネラルは減少する傾向にあると報告されている。*3

母乳の分泌不足の原因として乳頭の形成異常や乳腺炎?がある。

*1西東社 カラー図解 栄養学の基本がわかる事典 川島由起子(2013/4/4): https://amzn.to/2tzGwYt
*2KAKEN 新規モデルマウスを用いた母乳性黄疸発症メカニズムの解明とその応用: https://kaken.nii.ac.jp/file/KAKENHI-PROJECT-24890224/24890224seika.pdf
*3甲南大学 教育学習支援センター 母乳の成分は何だろう? ヒトからみた環境 玉利祐三: http://kccn.konan-u.ac.jp/konan/kankyo/01tamari/010102.html

母乳に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-05-22 (水) 08:04:59