健康用語WEB事典

没食子酸(gallic acid)

没食子に含まれる有機化合物ガーリック酸3,4,5-トリヒドロキシ安息香酸とも呼ばれる。*1*2

没食子酸(gallic acid)の化学構造

メスカリン3,4,5-トリメチルフェネチルアミン)の合成に使用される。

酸化防止剤のひとつ。アミラーゼの活性を高める作用を持つ。*3

「〜ガレート」と呼ばれる化合物は没食子酸(ガレート基ガロイル基)が結合したもの。例えば緑茶に含まれるエピガロカテキンガレートがある。

*1Gallic acid | C7H6O5 - PubChem: https://pubchem.ncbi.nlm.nih.gov/compound/Gallic_acid#section=Top
*2浜松医科大学 健康社会医学講座 ウーロン茶・甜茶中のポリフェノール: http://www2.hama-med.ac.jp/w1a/health/old_site/kyouiku/kisohai/2001_1/2001_1_u-ron.html
*3「世界で採用されるような、油脂成分の新しい分析方法を開発したい」 | 大学の学びはこんなに面白い | 東京工科大学: http://www.teu.ac.jp/interesting/019083.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


没食子酸に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: filegallic_acid.png 閲覧数 950回 [詳細]

この用語を編集/画像添付
このページの最終更新日時: 2018-03-30 (金) 15:28:53