健康用語WEB事典

活性化プロテインC(activated protein C : APC)

プロテインCが、トロンビントロンボモジュリンの複合体によって活性化されたもの。

血管内皮細胞血小板リン脂質上でプロテインS補酵素とし、血液凝固第Ⅴa因⼦?血液凝固第Ⅷa因⼦?血液凝固第Ⅹa因子を不活化させて抗血液凝固作⽤を発揮する。また、線溶阻止因子であるPAI-1を中和して線溶を促進する。糖尿病性腎症を抑制する作用が報告されている。*1*2*3

プロテインCインヒビター?によって阻害される。*4

*1抗血栓療法中の区域麻酔・神経ブロック:総論 止血機構: https://www.jspc.gr.jp/Contents/public/pdf/shi-guide07_07.pdf
*2平成20年度大阪大学薬学部卒後研修会 抗凝固薬:その歴史と最近の話題: http://www.phs.osaka-u.ac.jp/homepage/yaku/sotugo/pdf/h20_07_0.pdf
*3三重大学大学院医学系研究科・医学部 臨床医学系講座 代謝内分泌内科学: http://www.medic.mie-u.ac.jp/organization/course/diabetes/
*4KAKEN — 研究課題をさがす | プロテインCインヒビターによる腎癌の浸潤・転移抑制機序の解析 (KAKENHI-PROJECT-13770877): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-13770877/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


活性化プロテインCに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2018-06-15 (金) 15:41:54