健康用語WEB事典

活性硫黄分子種(reactive sulfur species : RSS)

チオール基に過剰に硫黄原子が付加したポリスルフィド構造を持つ化合物。通常のチオール誘導体に比べて高い求核性?抗酸化活性を有する。システインパースルフィドなど。*1

様々な臓器血液中に存在し、活性酸素の制御に関わる。*2

*1活性イオウ分子種によるタンパク質チオール修飾:ポリスルフィド化タンパク質解析の最先端技法: https://www.jstage.jst.go.jp/article/fpj/147/5/147_299/_article/-char/ja/
*2東北大学大学院医学系研究科 活性酸素の強力な消去物質を発見 酸化ストレス関連疾患の予防・診断・治療に期待: https://www.tohoku.ac.jp/japanese/newimg/pressimg/tohokuuniv-press_20140414_01web.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


活性硫黄分子種に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2018-09-15 (土) 17:15:48