海綿質(substantia spongiosa)

の内部の大部分を占める、骨梁からなるスポンジ状の組織海綿骨とも呼ばれる。

の内部の大部分は細い骨梁からなる海綿質でできている。海綿質は、三次元的な有孔の網目格子に配列しているで外力の影響を受けて、適切な数の骨梁が形成されており、の強度を生み出している。*1

*1Terminologia Anatomica(TA)に基づく解剖学: http://www.anatomy.med.keio.ac.jp/funatoka/anatomy/TA(html)/A02_0_00_004.html

海綿質に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-05-26 (土) 10:57:14