健康用語WEB事典

淡明層(stratum lucidum)

表皮において、顆粒層角質層の間に存在する薄い層。*1

角質層の一部と見なされ、区別されない場合がある。表皮が薄い部分では淡明層が全く無いことがある。*2

手掌底の表皮は非常に厚い角質層を有し、その底部はエオジンに好染する明るい層として、淡明層とよばれるが、角質層の一部と考えてよい。*3

*1神戸大学附属図書館 デジタルアーカイブ 【 学内研究成果 】 皮膚と付属器: http://www.lib.kobe-u.ac.jp/products/jintai1/T021.pdf
*2Rauber-Kopsch解剖学 S. 685: http://www.anatomy.med.keio.ac.jp/funatoka/anatomy/Rauber-Kopsch/band2/685.html
*3Terminologia Anatomica(TA)に基づく解剖学: http://www.anatomy.med.keio.ac.jp/funatoka/anatomy/TA(html)/A16_0_00_009.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


淡明層に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2018-06-13 (水) 08:50:00