濃度勾配(concentration gradient)

ある物質の濃度の差。物質の拡散(移動)は、一般に濃度が高い方から低い方へ起こる。*1*2

例えば、細胞内外で細胞膜を隔ててイオンの濃度差がある場合、そのイオンは濃度が高い方から低い方へ移動しやすい。

生体内において、濃度勾配に従って高濃度側から低濃度側に物質を移動させる方法を受動輸送受動拡散)と呼ぶ。*3

*1お茶の水女子大学 生物学科 物質の移動・輸送(1): http://bios.cc.ocha.ac.jp/OpenBio/MOGText/Lec/Transport1.pdf
*2岩波教科書 現代生物科学入門第8巻「システムバイオロジー」 第4章 生命現象の動的特性 拡散: http://kurodalab.bs.s.u-tokyo.ac.jp/iwanami/pdf/appF.pdf
*3昭和大学 生物化学部門 細胞膜を隔てた物質輸送に関わるタンパク質: http://www10.showa-u.ac.jp/~biolchem/H20-P2protein-9.pdf

コメントはありません。


濃度勾配に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2019-04-29 (月) 17:09:17