健康用語WEB事典

熱性痙攣(febrile seizure)

中枢神経系感染症に起因しない38℃を越える発熱の際に起こる全身性の痙攣*1

生後10ヵ月~3歳頃の乳幼児に多い。多くは熱の上がりはじめから24時間以内に起こり、5分以内に治まる。*2

突然に全身を硬直させ、意識障害眼球の上転(白目を剥く)あるいは正中位固定、無呼吸口唇チアノーゼなどを伴なう。

遺伝的素因の関与が強く示唆されている。日本人は欧米人に比べて多い。

*1富山大学 医学部 熱性けいれんについて: http://www.med.u-toyama.ac.jp/pedi/group/NNEWS/keiren.html
*2熱性けいれん |コラム -医療情報提供-|高知大学医学部附属病院ホームページ: https://www.kochi-ms.ac.jp/~hsptl/kouhousi/column/nesseikeiren.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


熱性痙攣に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2018-09-12 (水) 11:10:54