健康用語WEB事典

特発性多中心性キャッスルマン病(idiopathic multicentric Castleman disease : iMCD)

全身のリンパ節腫脹発熱倦怠感貧血肝脾腫などの全身の症状を引き起こす難病。iMCDの中にはIgG4関連疾患の診断準を満たす症例も少なからず存在するため、その鑑別診断が難しいと言われる。*1*2

キャッスルマン病のなかでもリンパ節腫大の病変が複数の領域に渡るとされる。

タグ: 疾患 難病 リンパ節 倦怠感

*1病気のはなし⑱ 難病指定で経済的負担減 特発性多中心性キャッスルマン病 | 徳洲会グループ: https://www.tokushukai.or.jp/media/newspaper/1241/article-5.php
*2IgG4関連疾患の診断における「類似疾患除外基準」の有用性を検証~厚生労働省研究班としての成果~ - 国立大学法人 岡山大学: https://www.okayama-u.ac.jp/tp/release/release_id901.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


特発性多中心性キャッスルマン病に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2021-12-02 (木) 20:03:14