特発性過眠症(idiopathic hypersomnia)

過眠症のひとつ。ナルコレプシーとは異なり、昼寝すると一時間以上持続し、覚醒時に睡眠酩酊頭痛起立性低血圧体温調節の異常などが起こる。総睡眠時間は通常より増加する。*1

*1東邦大学公開講座 公益社団法人東京都医学総合研究所 本多真: https://www.toho-u.ac.jp/sci/biomol/event_report/ba3kg5000000f0qi-att/honda2.pdf

特発性過眠症に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-01-31 (木) 09:38:48