甜茶

バラ科のテンヨウケンコウシ(Rubus suavissimus)を原料とする

ガーリック酸エラグ酸エラジタンニンなどのポリフェノールを含む。ヒスタミン分泌の抑制や抗炎症作用があり、風邪アレルギー性鼻炎花粉症の予防および症状緩和に有効とされる。*1

*1浜松医科大学 健康社会医学講座 ウーロン茶・甜茶中のポリフェノール: http://www2.hama-med.ac.jp/w1a/health/old_site/kyouiku/kisohai/2001_1/2001_1_u-ron.html

甜茶に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-01-27 (日) 14:47:20