異所性骨化(ectopic ossification)

本来ではない組織内にが発生する異常な骨化*1

異所性骨化の進行によって関節が動かせる範囲が狭まり生活に支障を来す。

本来は骨組織が形成されない部位に病的な形成が起こる現象として,臨床的に筋組織内での異所性骨化が広く知られている.異所性骨化の誘発因子として,過度のリハビリテーション?打撲?脊髄損傷,頭部外傷などが知られ,人工透析や人工股関節置換術後にも異所性骨化が起こる.*2

*1関西電力病院リハビリテーション科 異所性骨化を合併した大腿骨顆上骨折の理学療法の経験 超音波検査による動態観察が有用であった1例: https://www.jstage.jst.go.jp/article/cjpt/2010/0/2010_0_CbPI1211/_article/-char/ja/
*2埼玉医科大学雑誌 第37巻 第1号 平成22年8月 筋組織内でおこる異所性骨化メカニズムの解明とその治療法・予防法の開発 研究代表者 福田亨(埼玉医科大学 ゲノム医学研究センター): http://www.saitama-med.ac.jp/jsms/vol37/01/jsms37_026_030.pdf

異所性骨化に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:10:20