白脾髄(white pulp)

脾臓の一部。脾小節脾柱のこと。リンパ濾胞がありリンパ球B細胞T細胞)の集団が存在し、リンパ節のような働きを持つ。*1*2

脾臓赤血球が多いために赤暗く見えるが、白脾髄はその中に白い点のように見える。*3

脾小節脾柱とは、周囲の肉的に真っ赤に見える赤脾髄(red pulp 後述)に対して、肉的に白く見えるので白脾髄(white pulp)と呼ばれる。*4

*1技術評論社 桂義元 免疫はがんに何をしているのか? 見えてきた免疫のメカニズム 2016/12/25
*2西東社 カラー図解 免疫学の基本がわかる事典 鈴木隆二(2015/6/3): https://amzn.to/2SW7bg
*3Web Histology 脾臓1: http://plaza.umin.ac.jp/~web-hist/hizou01.html
*4神戸大学附属図書館 デジタルアーカイブ 【 学内研究成果 】007 リンパ組織とリンパ性器官: http://www.lib.kobe-u.ac.jp/products/jintai1/T007.pdf

白脾髄に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


このページの最終更新日時: 2019-04-17 (水) 10:52:30