皮質脊髄路(tractus corticospinalis)

上位運動ニューロン神経路。錐体路とも。*1

随意運動を制御する主要な神経回路のひとつ。ヒトを含む哺乳類に広く存在する。延髄で反対側へ交差して伸びる。*2

大脳皮質大脳皮質5層?)の運動野にある神経細胞が、その軸索内包を通って脊髄へと直接伸ばし、大脳皮質から脊髄へと運動の指令を送る。延髄下部で交差して脊髄の対側へと伸びるため、片側の大脳皮質神経細胞は、その反対にある側の手足の運動を制御する。*3*4

脊椎を通る位置によって以下の2つに分けられる。*5

皮質錐体路の神経線維の85%以上は錐体交叉により外側皮質脊髄路?に入る。*6

*1国立大学法人 浜松医科大学 神経内科 運動の神経学を学ぼう: http://www2.hama-med.ac.jp/w1b/med1.backup/gaku/lecture_n/motor.html
*2脳の障害による麻痺が自発的に回復するメカニズムを解明 ―脳神経疾患後遺症に対する治療法の開発に光― — 大阪大学: http://www.osaka-u.ac.jp/ja/news/ResearchRelease/2012/04/20120402_1
*3新潟大学 科学技術振興機構(JST) 脳と脊髄を結ぶ運動の「神経地図」 〜巧みな動作のもとになる多様な神経回路の発見〜: https://www.niigata-u.ac.jp/wp-content/uploads/2018/05/300502_re.pdf
*4KAKEN — 研究課題をさがす | 皮質脊髄路と橋核での誘導型遺伝子発現制御技術を利用した軸索側枝形成機構の解明 (KAKENHI-PROJECT-24700323): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-24700323/
*5(二)下行性投射路: http://www.anatomy.med.keio.ac.jp/funatoka/anatomy/Textbook/anatomy16a-1-2-2.html
*6Terminologia Anatomica(TA)に基づく解剖学 延髄錐体: http://www.anatomy.med.keio.ac.jp/funatoka/anatomy/TA(html)/A14_1_04_003.html

皮質脊髄路に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-12-14 (金) 08:29:16