健康用語WEB事典

直接ビリルビン(direct bilirubin)

肝臓間接ビリルビングルクロン酸抱合を受けたもの。抱合ビリルビンD-BILとも表記される。基準値は 0.0~0.2 mg/dL

通常、胆汁中では約85%以上がグルクロン酸抱合を受けた直接ビリルビンとなる。*1

間接(非抱合)ビリルビンはアルブミンと結合して血中を転送され 肝臓グルクロン酸抱合され、直接ビリルビンとなって肝臓より胆汁中に排泄されます。*2

*1金沢医科大学 川原弘 ビリルビン代謝: http://www.kanazawa-med.ac.jp/~hiromu/new_page_16.htm
*2東京医科大学病院中央検査部生化学: http://clin-pathol.tokyo-med.ac.jp/jp/clinlab/p_chemi/che-kou5.htm

ご意見・ご要望をお聞かせください。


直接ビリルビンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:10:25