健康用語WEB事典

相反性神経支配(reciprocal innervation)

ある運動を実行する際に、主動筋?の興奮のみではなく、それに対応する拮抗筋?の抑制を起こす神経活動が起こること。*1*2

関節周りのの相反性神経支配は、立位姿勢や歩行運動に深く関わると考えられている。

脊髄前角運動神経が興奮してその支配下の筋肉を収縮させる。すると、収縮した筋肉筋紡錘から求心性のシグナルが入り、拮抗筋?を支配する抑制性の介在神経を興奮させる。これにより拮抗筋?緊張が低下し、主動筋?拮抗筋?筋緊張のバランスがとれてスムーズに動く。*3

*1「相反性神経支配の脊髄機構とその機能障害」田中勵作(東京都神経科学総合研究所・病態神経生理学研究部門): http://www.md.tsukuba.ac.jp/tbsa/ABSTRACT/16-2.html*
*2学位論文要旨詳細 北城圭一 乳幼児の相反性神経支配の発達過程: http://gakui.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/cgi-bin/gazo.cgi?no=113809
*3鳥取大学医学部 コレステロール トランスポートの異常としてのNPC N教授Website: http://www.ninomiya.med.tottori-u.ac.jp/homepage/startle.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


相反性神経支配に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2019-10-09 (水) 07:51:11