真皮(dermis)

皮膚を構成する層のひとつ。皮膚表皮の下にある層。

コラーゲンヒアルロン酸エラスチンなどの成分があり、血管も存在する。タンパク質全体の70%がコラーゲン*1*2

特にコラーゲンヒアルロン酸は真皮に多い。HAS2?と呼ばれる酵素が真皮でヒアルロン酸を合成する。*3

脂肪を多く含む食事が真皮に悪影響を与える可能性が示唆されている。

真皮層に関しては、高脂肪食の摂取が皮膚における血管新生及びコラーゲン沈着を低下させ、創傷治癒を遅延させることや皮膚の弾力性を低下させ、たるみを助長する。高脂肪食の摂取によってもたらされる脂肪組織の過剰蓄積が皮膚の機能障害をもたらすこともわかってきた。*4

*1応用生物科学部食品安全健康学科 教授 大石祐一 栄養バランスで皮膚の健康を 老化を防ぎ、若さを保つ仕組み: http://www.nodai.ac.jp/teacher/201052/2009/1.html
*2技術評論社 石浦章一 タンパク質はすごい! 心と体の健康を作るタンパク質の秘密(2014/1/5)
*3応用生物科学部食品安全健康学科 助教 山根拓実 健康で美しい皮膚を手に入れるために 分子栄養学的観点からの皮膚研究: http://www.nodai.ac.jp/teacher/204887/2014/1.html
*4応用生物科学部食品安全健康学科 助教 山根拓実 健康で美しい皮膚を手に入れるために 分子栄養学的観点からの皮膚研究

真皮に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:10:27