健康用語WEB事典

眼優位性(ocular dominance)

視覚野領域の神経細胞が、どちらか一方のの刺激に対して強い反応を示す性質。

マウスでは通常、右側の視覚野にある錐体細胞が左からの入力に対してより強い視覚反応を示し、逆に左側の視覚野にある錐体細胞は右からの入力に対してより強い視覚反応を示す。*1

を強制的にふさぐと眼優位性が変化する。これは眼優位性可塑性と呼ばれる。

臨界期に眼優位性が大きく変化する。*2

タグ: 神経

*1視覚経験で抑制性神経回路が「ダイナミック」に変化する現象を初めてキャッチ -弱視治療で知られる臨界期における眼優位性可塑性を、抑制性細胞の別の可塑性が制御-: https://www.jst.go.jp/pr/announce/20091112/index.html
*2経験による脳回路の変化を新モデルで予測 | 理化学研究所: https://www.riken.jp/press/2014/20141023_1/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


眼優位性に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-10-28 (水) 16:21:42