健康用語WEB事典

眼底(eyeground)

眼球の奥の部位。硝子体網膜脈絡膜視神経乳頭など。

眼底の検査は網膜裂孔?および網膜剥離?が生じている場合や糖尿病合併症である糖尿病網膜症を調べる際に行われる。検査はミドリンPネオシネジンなどの散瞳薬を点眼して瞳孔をなるべく大きくした状態で行う。*1

また、眼底の動脈を観察することで、身体全体の血管の異常を調べることが出来る。細動脈の太さが一定でなかったり、鬱血や出血が見られたりする場合は高血圧動脈硬化が疑われる。

眼底は体の中で細動脈を直接観察することができる唯一の場所です。眼底検査では動脈硬化の程度や高血圧糖尿病に伴う血管異常の有無を確認することができます。*2

*1緑内障の診断と治療 庄司信行 北里大学医学部眼科学: http://mlib.kitasato-u.ac.jp/homepage/ktms/kaishi/pdf/KI47-2/KI47-2p109-134.pdf
*2一般社団法人 半田市医師会 健康管理センター 眼底検査: http://handa-center.jp/medical/checkuplist/pdf/gan_tei.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


眼底に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2019-05-20 (月) 16:06:29