睡眠時無呼吸症候群(sleep apnea syndromne : SAS)

睡眠中に激しいいびき無呼吸を繰り返す睡眠障害呼吸が止まる事で目覚め、十分に睡眠が取れずに寝不足となる場合もある。

悪化すると合併症心筋梗塞脳卒中など)や、運転中の眠気による事故の危険がある。

睡眠時無呼吸症候群の基準

睡眠中に1時間あたり5回以上の低呼吸無呼吸が起こる(無呼吸・低呼吸指数が5以上)であれば睡眠時無呼吸症候群と診断される。*1

睡眠時無呼吸症候群の種類

気道が塞がる閉塞性のものと、からの呼吸の司令が止まる中枢性のものがある。

*1睡眠時無呼吸症候群 (千葉大学大学院医学研究院 呼吸器内科学): http://www.m.chiba-u.ac.jp/class/respir/sinryo/sas/syosai/index.html

睡眠時無呼吸症候群に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-05-26 (土) 10:17:37