健康用語WEB事典

硫化アリル(allyl sulfide)

2つのアリル基硫黄を介して結合した揮発性の高い含硫化合物ジアリルモノスルフィドとも。*1*2

硫化アリル(ジアリルモノスルフィド)の化学構造

ネギ特有の刺激性や芳香の成分であり、殺作用や抗作用、身体を温める作用などがある。*3

間の硫黄が2つ(ジスルフィド結合)となったものは二硫化アリルジアリルジスルフィド)と呼ばれる。

*1Allyl sulfide | C6H10S - PubChem: https://pubchem.ncbi.nlm.nih.gov/compound/Allyl_sulfide#section=Top
*2熊本大学薬学部 薬草園 薬草データベース ニラ: http://www.pharm.kumamoto-u.ac.jp/yakusodb/detail/003409.php
*3北海道医療大学 野菜と果物のお話~ネギ: http://www.hoku-iryo-u.ac.jp/~maruho/2a-11negi.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


硫化アリルに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: filediallyl_sulfide.png 閲覧数 70回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2019-12-12 (木) 08:21:01