健康用語WEB事典

硫酸化多糖(sulfated polysaccharide)

硫酸基による化学修飾を受けた多糖類の総称。

ムコ多糖のうち、コンドロイチン硫酸ヘパラン硫酸などが該当する。抗ウイルス活性や血液凝固阻害作用を持つことが報告されている。*1

が長く連なった多糖硫酸基が付加した分子を指す言葉です。ヘパリンヘパラン硫酸も硫酸化多糖の一つです。*2

*1学術情報発信システムSUCRA 理学部 分子生物学科 前田昌徹 多糖の硫酸化における位置選択性と立体化学: http://sucra.saitama-u.ac.jp/modules/xoonips/download.php/KY-AN10402595-18-08.pdf?file_id=12758
*2ヘパリンがクリプトスポリジウム原虫の感染を抑制することを発見: http://www.a.u-tokyo.ac.jp/topics/2015/20150701-1.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


硫酸化多糖に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]




このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:10:30