神経細胞特異的エノラーゼ(neuron-specific enolase : NSE)

神経細胞に特異的に発現する、γサブユニットを含むエノラーゼ神経細胞特異的と名付けられているが、グリア細胞でも産生されるという報告もある。*1

神経細胞が損傷を受けると髄液血液中に流出するため、神経損傷のバイオマーカーとして利用される。

普段は細胞質にあり、炎症時には細胞表面に移動して細胞外基質の分解、炎症性サイトカインTNF-α)やケモカインMCP-1)の産生、炎症細胞浸潤などを引き起こすことが報告されている。

*1“ニューロン特異的エノラーゼ(NSE)”は炎症があるとニューロンではなくグリア細胞で産生される: https://seikagaku.jbsoc.or.jp/10.14952/SEIKAGAKU.2017.890241/data/index.html

神経細胞特異的エノラーゼに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-09-12 (木) 10:25:29